ハナをめぐる旅

HOME > 2019年企画展 > ハナをめぐる旅

ハナをめぐる旅

ハナをめぐる旅

日時 2019年1月19日(土)- 1月27日(日)*23日(水)はお休み
時間 11:00- 19:00 (最終日は16:00終了)




群馬県や埼玉県の農家で小正月(115)の飾り物として作られてきた「ハナ」。

ミズキ、オッカド、ニワトコなどの木をひっかくように削って作るので「カキバナ」「ケズリバナ」とも呼ばれます。

かつては地域によって、進ぜる神様によって様々な形式のハナが作られていましたが、生活様式の変化に伴いその作りては年々減少してしまっています。

祖父の家の神棚には毎年一対のハナが飾ってありました。そのハナを作っていた祖父の友人が「もう今年でやめようか」と言っていると聞いたことが、ハナをめぐる旅の始まりでした。
そして各地のハナの作りてを訪ね、ハナのこれまでを学ぶ旅は、やがてハナのこれからを探る旅へと変化していきました。
今回の展示もまた、その旅の途上にあります。

「ギャラリーでやる以上、販売も製作実演もします。でも、自分にとって今回やろうとしていることは実験です。」
「木で作ったハナなんて見たことも聞いたこともないという人に見てもらう、そこで生まれる会話の中に、自分達が今を生きることとハナをかくことをつなぎ直す手がかりを見つけたい。」
そんなわかりずらい話をクヌルプの町田さんが理解してくださって今回の展示が実現しました。

各地で見たハナと、それらが生まれていく光景を石神井のギャラリーに再現すべく準備を進めています。

関田徹也



177-0041 東京都練馬区石神井町1-21-16
1-21-16 Shakujiimachi Nerima Tokyo
TEL 03-3996-8533
OPEN 11:00-19:00
不定休