貴島雄太朗

貴島雄太朗 ガラス展
2014.2.11(tue)-2.17(mon)
11:00-19:00
会期中無休(最終日16:00終了)


膨らみ張りつめるかたち、干渉しあい滲む色。
吹きガラスで一番美しい瞬間をとどめたい。
春の兆しを感じるガラスの器たち。
ぜひご高覧ください。


貴島さんは練馬区大泉学園町在住のガラス作家で、
エリザベス女王即位60周年記念の王冠も制作したことがある方。

原子が規則的に配列された固体物質を結晶。ガラスは非晶質固体といい原子が不規則に並んでいる無定形状態な固体の事だそうです。

以前貴島さんにお話を伺った時、ガラス制作は液体をとどめておく作業だとおっしゃっていました。
ガラス制作に携わっている方ならではの感覚。

ガラスを吹いて膨らんだ時が最も美しい。そのピンと張った瞬間をとどめ、春を予感させるようなうっすらとした色がついた心地よいガラスの器をぜひご覧ください。

knulpAA gallery
東京都練馬区石神井町1-21-16
OPEN 11:00-19:00(最終日16:00終了)

当店へお越しの方はこちらの写真付き道順説明もご確認の上お越し下さい。